お土産にも!安倍首相に贈られたノルウェー生まれのクラフトチョコレート

編集部のおすすめを紹介する当コーナー。今回の担当はエディターKです。

私は現在、ノルウェーから記事を執筆しているのですが、ノルウェー生活での最大の不満は、美味しいものがあまりないこと! ノルウェーは海に面する自然豊かな国なのに、ピザ好きな人がとても多く、冷凍ピザの消費量が世界一という記録があるほど。「ノルウェー人よ、もっと食に対して貪欲になってくれ~!」と願う毎日です。

そんなノルウェーで発見した数少ない美味しいもの。それが「Jentene på Tunet」(イェンテネ ポ トゥーネ)のクラフトチョコレートです。

Jentene på Tunet

パッケージもかわいい「Jentene på Tunet」のチョコレート

ブランド名の「Jentene på Tunet」は、“中庭の女の子たち”を意味するノルウェー語。栄養士のイリスさんが、自身の手作りチョコレートをパーティーやカンファレンスで提供していたところ、予想以上の反響があり、2015年に商品化を決意。1~2年の準備期間を経て、ノルウェー国内のギフトショップやグローサリーストア、ホテル、カフェなどで販売をスタートしたそう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jentene På Tunet – Chocolatier(@jentenepaatunet)がシェアした投稿

人口わずか4,000人の小さな町・セルブ(Selbu)の工場で、イリスさんと女性スタッフが中心となって作り上げる「Jentene på Tunet」のクラフトチョコレートは、最高品質のカカオを使ったなめらかな舌触りと、果実味あふれる爽やかなフレーバーが魅力。赤やピンク、黄色など、フルーツの自然な色彩を活かしたカラフルなチョコレートは、目でも舌でも楽しむことができます。

余談ですが、2018年2月にノルウェーのソールベルグ首相が会談のため来日した際には、お土産に「Jentene på Tunet」のチョコレートを持参。バレンタインデーのギフトとして、安倍首相にチョコレートアソートが手渡されました。

直営店がないため(※2020年現在)、国外での知名度は低いものの、国際的なトップ会談のお土産にも選ばれた「Jentene på Tunet」のチョコレート。映像ではわかりませんが、安倍首相もきっと一粒は味見をしたのではないでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jentene På Tunet – Chocolatier(@jentenepaatunet)がシェアした投稿

安倍首相も食べたかもしれないチョコレートアソートは、3粒入り(700円前後)から15粒入り(3,000円前後)までが展開されています。

パッションフルーツ、ラズベリー、レモン、柚子、キャラメル、チリ(唐辛子)など、一箱でさまざまなフレーバーが楽しめて、どれも作りたてのようなフレッシュな味わいです。季節によって特別なフレーバーも登場するので、見逃せません。

Northern Lights chocolate

Northern Lights chocolate

例えば、オーロラからインスピレーションを得た「Northern Lights」(写真上)は、ノルウェー国内のフードコンテストで賞を獲得した注目のフレーバー。めずらしいブルーのチョコレートと北欧らしいパッケージが観光客にも人気です。カシス、アプリコット、塩キャラメルの3つのフレーバーがセットになっています。

ベルギーやフランスのチョコレートと比べても遜色のないノルウェー発「Jentene på Tunet」のクラフトチョコレート。首都オスロ市内のスーパーマーケット「MENY」などで購入できますので、ノルウェーにお越しの際はぜひチェックしてみてください。

Jentene på Tunet(ノルウェー語公式HP)
https://jentenepaatunet.no

THE STYLE OF NORTH 編集部

北欧の最新情報を発信するウェブマガジン。 現地在住スタッフが北欧各国から旬の情報をお届けします。 公式YouTube&インスタグラム(@thestyleof...

プロフィール

PICK UP ARTICLES

You Might Also Like…