フィンランドを体験できる期間限定パビリオンが東京にオープン、一般参加できるイベントや展覧会も

東京都にある駐日フィンランド大使館の敷地内に10月6日、フィンランドのデザイン・建築・テクノロジーを融合させた「メッツァ・パビリオン」がオープンする。

同施設は、日本のパートナー企業とのコラボレーションや、日本とフィンランドのビジネスを強化するためのプラットフォームとして建設されたもの。2021年末までの15ヶ月間、フィンランドの魅力を紹介するさまざまなイベントが開催される他、東京オリンピック・パラリンピックの期間中は、オリンピックチームのナショナルパートナーハウス「ホーム・オブ・フィンランド」として稼働するという。

metsä

(C) Helin & Co Architects / Business Finland

自然・テクノロジー・サステナビリティをテーマに掲げる「メッツァ・パビリオン」は、フィンランドの森で育ったトレーサビリティな木材(Kerto®LVL)で作られた環境に優しく持続可能な建物。建築パーツは分解して新たな場所で再構築できるように設計されている。パビリオンの設計は数々の受賞歴があるフィンランドの建築事務所「Helin & co」、インテリアデザインはフィンランド出身の女性デザイナー、ウッラ・コスキネン(Ulla Koskinen)が手掛けている。

パビリオンのオープン期間中は、フィンランドの主要産業を軸に、「サステナビリティウィーク」「Visit Finlandウィーク」「サウナ・ライフスタイルウィーク」「Food from Finlandウィーク」など、週替りでテーマが設けられ、フィンランドを代表する企業がさまざまイベントを開催。また、2020年10月から12月は、一般参加が可能なオープンハウスイベントや展示会などが予定されている。(以下一部抜粋)

・11月23日
OPEN HOUSE EVENT:フィンランドを体験しよう!
モルック、フィンランドタンゴ、音楽、ダンスなどが体験できる

・12月19日
OPEN HOUSE EVENT:フィンランドのファミリーライフ
トーク、ディスカッション、展示など

日本で北欧フィンランドの魅力を体験できるチャンス。パビリオンとオープンハウスイベントの詳細は、公式サイトでチェックを。

THE STYLE OF NORTH 編集部

北欧の最新情報を発信するウェブマガジン。 現地在住スタッフが北欧各国から旬の情報をお届けします。 インスタグラム(@thestyleofnorth)始めまし...

プロフィール

PICK UP ARTICLES

You Might Also Like…