3月25日はワッフルの日!スウェーデン伝統の薄焼きワッフルを作ろう

3月25日はスウェーデンのワッフルデー。ワッフルデーはスウェーデン語で「Våffeldagen(ヴォッフェルダーゲン)」と言います。

スウェーデン伝統のワッフルは薄焼きで、外側はカリカリ、内側はしっとり感があります。生地は甘さ控えめで、リンゴンベリーやブルーベリーなどの甘酸っぱいベリー系のジャムと、ホイップクリームなどをトッピングして食べるのがスウェーデン流。今回は自宅で簡単に作れる、編集部おすすめのレシピをご紹介します。

ワッフル

Photo:Wolfgang Kleinschmidt

 

スウェーデンの薄焼きワッフルのレシピ

<材料> (約8枚分)
小麦粉:350g
ベーキングパウダー:小さじ2
牛乳:400cc
無塩バター:100g
トッピング:ジャムやホイップクリームなどお好みで

<作り方>
1、バターは電子レンジ(600W)で10~20秒程度加熱して溶かしておく
2、ふるった小麦粉に牛乳を少量ずつ入れてよく混ぜる
3、2に1で溶かしたバターを入れてよく混ぜる
4、ワッフルメーカーを熱して生地を流し込む(型の2/3程度まで)
5、約2分間焼いたら、裏返して反対の面を2分焼く
6、お好みのトッピングを乗せて出来上がり!

ポイントは、4の生地を流し込む量です。少なめにすることでカリっと薄く仕上がります。砂糖を使っていないので、トッピングを変えれば食事メニューとしても楽しむことができます。スウェーデンでは、サーモンやエビなどの魚介類にサワークリーム、ディルなどをトッピングして食べる人も多いんですよ!

ワッフル

Photo:IKEA

3月25日がなぜ、スウェーデンのワッフルデーになったのかは諸説あるようです。一般的に知られているのは、イエス・キリストが生まれた12月25日から9か月遡った3月25日、聖母マリアの「受胎告知の日」にまつわる説です。

「受胎告知の日」はスウェーデン語で「Vårfrudagen(ヴォーフルダーゲン)」と呼ばれますが、これがワッフルの日「Våffeldagen(ヴォッフェルダーゲン)」の発音と似ていることから、人々がこの日にワッフルを食べるようになったといわれています。

歴史を辿ると空耳から始まった慣習ということなんでしょうかね…?

今度の週末は、おうちでスウェーデンのワッフル作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

THE STYLE OF NORTH 編集部

北欧の最新情報を発信するウェブマガジン。 現地在住スタッフが北欧各国から旬の情報をお届けします。 公式YouTube&インスタグラム(@thestyleof...

プロフィール

PICK UP ARTICLES

You Might Also Like…