ストックホルム症候群の語源になった人質事件を映画化、『ストックホルム・ケース』がついに日本公開!

イーサン・ホーク主演の映画『ストックホルム・ケース』(原題:STOCKHOLM)が11月6日より全国公開される。

映画『ストックホルム・ケース』

(C)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group. All rights reserved.

本作は、誘拐事件や監禁事件などの被害者が犯人と長い時間を共にすることにより、犯人に連帯感や好意的な感情を抱く心理学用語「ストックホルム症候群」の語源となった、スウェーデン史上もっとも有名な銀行強盗・人質立てこもり事件「ノルマルム広場強盗事件」をベースにしたクライム・エンターテイメント。

舞台は、1970年代のスウェーデン・ストックホルム。主演のイーサン・ホーク(Ethan Hawke)が、ちょっと弱気でありながら、クレイジーでハイテンションな強盗犯ラース役を魅力たっぷりに演じる。

映画『ストックホルム・ケース』

映画『ストックホルム・ケース』より

また、不運にもラースの人質となるが、どこか憎めない彼に不思議な感情を抱く銀行員ブリジッタを、映画『ミレニアム』シリーズや『プロメテウス』などで知られるスウェーデン出身の個性派女優ノオミ・ラパス(Noomi Rapace)、ラースの犯罪仲間クラークをイギリス出身の名バイプレイヤーであるマーク・ストロング(Mark Strong)が演じるなど、実力派俳優たちによる演技のアンサンブルも見逃せない。

監督は、伝説的なトランペット奏者チェット・ベイカーの半生を描いた『ブルーに生まれついて』(2015)でスマッシュヒットを飛ばした、カナダ出身のロバート・バドロー(Robert Budrea)。イーサン・ホークとは2度目のタッグとなる。

映画『ストックホルム・ケース』

映画『ストックホルム・ケース』より/70年代らしいファッションも注目

音楽にこだわりのあるバドロー監督らしく、同作の劇中歌にはボブ・ディラン(Bob Dylan)の名曲が度々登場する。「新しい夜明け」「今宵はきみと」「明日は遠く」など、往年の名曲が効果的に使われ、自由の国アメリカに憧れる主人公ラースの心境や、1970年代のスウェーデンのムードを強調するように、強い印象と情感を醸し出している。

極限状態の中で、なぜ、正反対の立場の彼らが命の危険を感じながらも心を通わせたのか―? 人間が持つ不思議な共感能力を、ユーモアを交えながらスリリングに描き出していく注目作。お見逃しなく!

【Information】
『ストックホルム・ケース』
監督・脚本:ロバート・バドロー
製作:ジェイソン・ブラム
劇中歌:ボブ・ディラン
音楽:スティーブ・ロンドン
出演:イーサン・ホーク、ノオミ・ラパス、マーク・ストロングほか
2018 年 / カナダ・スウェーデン / 英語・スウェーデン語 / 92 分 / シネスコ / カラー / 日本語字幕:安藤里絵
提供:ハピネット、トランスフォーマー
配給・宣伝:トランスフォーマー (C)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group. All rights reserved.
http://www.transformer.co.jp/m/stockholmcase/

THE STYLE OF NORTH 編集部

北欧の最新情報を発信するウェブマガジン。 現地在住スタッフが北欧各国から旬の情報をお届けします。 インスタグラム(@thestyleofnorth)始めまし...

プロフィール

PICK UP ARTICLES

You Might Also Like…