環境活動家のグレタさんがヴォーグ誌の表紙に。インタビューでファッション業界の現状を非難

スウェーデン出身の環境活動家グレタ・トゥンベリさん(18)が、2021年8月に創刊されたファッション誌「ヴォーグ・スカンジナビア(Vogue Scandinavia)」の表紙を飾った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vogue Scandinavia(@voguescandinavia)がシェアした投稿

「ヴォーグ・スカンジナビア」の公式インスタグラムでは、マキシ丈のトレンチコートとボタニカル柄のワンピースをまとったグレタさんが、森の中で馬とたわむれているショットをはじめ、アースカラーのニットを着て馬を撫でるショット、カラフルな手編みのニットを羽織り切なげな表情を浮かべるショット、まるで森の中を彷徨っているかのような幻想的なショットなどが公開されている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vogue Scandinavia(@voguescandinavia)がシェアした投稿

同アカウントではそれらの写真とともに、グレタさんを表紙に起用した理由を「世界でもっとも有名な活動家になったスウェーデンの少女は、過去3年間にわたって、世界の指導者たちに気候変動を食い止めるよう呼びかけています。彼女の自然への愛情を考えると、ヴォーグ・スカンジナビア創刊号の表紙にふさわしい人は彼女以外に誰もいないと思います」とコメント。初めての本格的なファッション撮影とあって、撮影時グレタさんは少しシャイだったとも伝えている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vogue Scandinavia(@voguescandinavia)がシェアした投稿

グレタさんは誌面インタビューにも登場し、世界2位の環境汚染産業といわれるファッション業界の現状を非難するとともに、スウェーデンの環境保護活動家らと対談し、サステナブルな未来に向けたヴィジョンについても語っている。

ちなみに、グレタさんが最後に服を買ったのは約3年前で中古品だったそう。普段着る服は友人から借りているという。

THE STYLE OF NORTH 編集部

北欧の最新情報を発信するウェブマガジン。 現地在住スタッフが北欧各国から旬の情報をお届けします。 公式YouTube&インスタグラム(@thestyleof...

プロフィール

PICK UP ARTICLES

You Might Also Like…