お手本にしたい、スウェーデン・ソフィア妃の洗練ワーキングスタイル

2015年にスウェーデンのカール・フィリップ王子と結婚し、民間から王室入りしたソフィア妃。元モデルのキャリアを持つソフィア妃は、普段からシンプルなスタイルをさらりと着こなすのがお得意。ご公務スタイルは、私たち働く女性が取り入れやすい好感度抜群のコーディネートばかり。

今回は、お手本にしたいソフィア妃のワーキングスタイルをご紹介します。

Embed from Getty Images

起業家をサポートするカンファレンス「Entrepreneurship Forum’s Conference」にゲストとして登場したこの日は、ネイビーの膝丈コートに黒のロングブーツを投入。上下同じカラートーンにすることで縦のラインが協調され、スタイルアップ効果も◎。バッグは書類がたっぷり入るA4サイズで、イベントの趣旨に合わせたキャリアウーマン風に。

Embed from Getty Images

上品な印象を与えるタイトスカートはワークシーンで信頼感抜群。ソフィア妃は、アウターの色味とシンクロさせた爽やかな水色のスカートをチョイス。トップスとパンプスを黒でサンドウィッチすれば、シンプルでありながら奥行きのあるエレガントな着こなしが完成。

Embed from Getty Images

この日の主役はベージュのミディ丈ピーコート。カジュアルに見えがちなピーコートもソフィア妃のように淡いカラーを選べば、大人っぽく洗練された印象に。ベージュにはゴールドのアクセサリーを合わせがちだけど、ワークシーンではソフィア妃のようにシルバーを効かせることで、知的な雰囲気に。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Prinsparet(@prinsparet)がシェアした投稿

ワークシーンにもデイリーにも対応できるセットアップは、ニュアンスカラー&とろみのある素材を選べば、女性らしさが一段と引き立つ。バランスのよいクロップド丈ジャケットの袖をロールアップすれば、こなれた表情に。メイクはヌーディーに、ダウンヘアにすれば優しいムードに仕上がる。

プライベートでは、母として2人のプリンスを育てるソフィア妃。優しげで、どこか可愛らしさを秘めた洗練ワーキングスタイルは、 今後も要チェックです!

THE STYLE OF NORTH 編集部

北欧の最新情報を発信するウェブマガジン。 現地在住スタッフが北欧各国から旬の情報をお届けします。 公式YouTube&インスタグラム(@thestyleof...

プロフィール

PICK UP ARTICLES

You Might Also Like…