テーブルが一気に華やぐ、北欧のクリスマス伝統料理を一挙ご紹介!

北欧の人たちにとってクリスマスは家族と過ごす大切な時間。11月下旬頃からクリスマスツリーを飾ったり、家の周りをデコレーションしながら、クリスマス本番に向けてじっくりと時間をかけて準備します。

先日の記事では北欧のクリスマスデコレーションに欠かせない妖精「ニッセ」をご紹介しましたが、今日は北欧のクリスマス料理について触れたいと思います。北欧のクリスマスを彩る伝統料理にはどんなものがあるのでしょうか。早速チェックしてみましょう。

スウェーデン

 julbord

スウェーデンのユールボード(一例)/Photo:Hooks Herrgård

スウェーデンのクリスマス料理は「ユールボード(Julbord)」(スウェーデン語でクリスマステーブルの意)と呼ばれ、日本でもお馴染みのビュッフェ形式。テーブルに並ぶのは、スウェーデンの国民食ともいえるミートボールをはじめ、じゃがいもとアンチョビのグラタン「ヤンソンの誘惑」、豚肉を使ったさまざまな種類のクリスマスハム、サーモンやニシンのマリネなどの伝統料理。他にも、パテやオリーブ、ディルをトッピングした小エビとゆで卵のマヨネーズ和えなど、バリエーション豊富です。飲み物はホットワイン「グロッグ」、デザートはジンジャーブレッドクッキーが定番。たくさんの種類の料理を少しずつお皿にとって食べるのが正式なマナーとされています。

デンマーク

Danish Christmasfood

デンマークのクリスマスディナー(一例)/Photo:Urbanguide.dk

デンマークの伝統的なクリスマスディナーも、スウェーデンと同じビュッフェ形式ですが、たくさんの種類の料理を少しずつ食べるのではなく、肉料理を中心に個々のお皿に盛り付けてゆっくりと食べるスタイルが多いようです。メイン料理は「フレスケスタイ」と呼ばれるローストポーク(写真右上の皿)。皮の部分をカリカリに仕上げるため、オーブンでじっくりと焼き上げます。つけ合わせは、グレイビーソース、砂糖とバターでカラメル色に炒めたジャガイモ、赤キャベツの酢漬けなど。デザートには、ライスプディング「リスアラマン」や小さな丸い(たこ焼きのような)パンケーキ「エーブルスキワ」が用意されます。

フィンランド

ラーティッコ

クリスマスのラーティッコ(一例)/Photo:Alternative Finland

フィンランドでは、11月下旬頃から「ピックヨウル(Pikkujoulu)」というクリスマス本番に向けたプチクリスマスパーティーが至るところで開催されます。そして、待ちに待った本番のクリスマスディナーでは、デンマークと同じく、何時間もかけて焼き上げたローストポークを主役に、「ラーティッコ」と呼ばれるキャセロール(写真上)をいただきます。作り方は各家庭や地方によってさまざまですが、肉、野菜、マカロニなどを細かく刻み、生クリームやチーズと混ぜてオーブンで焼き上げます。(いわゆるグラタンですね)フィンランドでは、具材にビートルートやニンジンを入れて鮮やかなクリスマスカラーに仕上げるのが伝統です。

ノルウェー

Norwegian Christmas food

ノルウェーのクリスマスディナー(一例)/Photo:Meny

ノルウェーのクリスマスディナーの主役は、塩漬けにして乾燥させたラムのリブ肉から作る「ピンネショット」(写真上)。蒸し焼きにしたときに出るオイルをそのまま使い、マスタードを乗せて食べるシンプルな料理です。つけ合わせは、ソーセージや茹でたじゃがいもなど。また、「ユーレリッべ」と呼ばれる豚のスペアリブのオーブン焼きやノルウェーの郷土料理として知られるタラの灰汁漬け「ルーテフィスク」をメイン料理にする家庭もあります。冬が長く続く北欧ならではの、お腹に溜まるこってりとした料理が多いのが特徴です。デザートには、ドーナッツを重ねて作る「クランセカーケ」が登場します。

北欧のクリスマスの夜には、多くの家庭でこれらの伝統料理が作られ、家族と語り合いながらゆっくりと食事を楽しみます。今年は日本でも“おうちクリスマス”を楽しむ人が多いと思います。ぜひ、北欧のクリスマスディナーを参考にしてみてください!

THE STYLE OF NORTH 編集部

北欧の最新情報を発信するウェブマガジン。 現地在住スタッフが北欧各国から旬の情報をお届けします。 公式YouTube&インスタグラム(@thestyleof...

プロフィール

PICK UP ARTICLES

You Might Also Like…